人生の「不要」と「大切」と「彩り」のはなし。

子供の関係で、ダブリンに来ています!
 
うーむ、自分では来ることがなかった土地。
息子のおかげで来ることができました!
 
途中でヘルシンキによったのですが、ヘルシンキからダブリンに向かう飛行機の中で、HFエネルギーヒーリング(6/24 日曜日に大阪で講座やりますよん)のセルフワークを、なんと、3時間がっつりやりました〜。
 
3時間?! 
HFは特にスピーディーなワークなのに、この長さ!!!
ようするに、暇だったのです。^^ あはは〜。

だって、近距離便ってことで、テレビもついてなかったし。持ってきた本は、日本からヘルシンキまでの便で読み終えてたし。連れていた子供達はようやく疲れて?!寝てしまったし。
 
とはいえ、HFのワーク自体は基本的にすごいスピーディーにやれるものなので、実際にワークした時間はトータルで10分もないと思います。
じゃあ、3時間、何に使ったかというと、途中で「私はどうしたいんだろう?」ということを見ていたんですね。
HFでワークして、「あれ、これって本当はどうしたいんだっけ?」というのが出てくると、それを感じる。感じて、そうなるよう、そうあれるように、ワークする。この繰り返し。そして、「どうしたいか」が出てこない時は、「それがわかる。ひらめく」を設定して、またHFのワーク。^^
そんな3時間弱でした。

主にどんなことについてHFしていたかというと「余計な雑念、思考をすっきりさせる」「家をすっきりさせる」「いろいろ抱えている仕事(ヒーリング・コーチング以外も色々やってます)をすっきりさせる」ということです。
 
それで、あ、テーマは「すっきりさせる!」じゃん!!!と気づいたり。^^
 
そこから「痛快な人生を生きていきたい」という想いが復活したり。
それを阻む「恐怖」「制限」を見つけて、どうしたいかを感じたり、考えたりして、またワーク。
 
ワークした後は特にすっきり感があったわけじゃありません。(HFはそういうこともあります。ようするに、無意識と顕在意識のタイムラグが生まれるケースもあるんです。ここをわかってないと、ワークしたのに結果が出ないって悩んじゃうんですよね。)
すっきりしなくても、ワークが完了したことはわかるんですよね。
 
我ながら、こんなに爽快感のないワークは久しぶりだな、って思いました。
でもま、終わったんだからいっか。
 
と、後は忘れて過ごしたのですが、
 
一晩寝て、今朝は、「不要なもの」と「大切なもの」と「人生を彩るもの」の3つがすごくすっきり見えています。
まあ、こういうことなんですよね。

 
ちなみに、
 
不要なもの=自分の人生にいらず、存在しないもの(あっても見えないし)

大切なもの=自分の人生に絶対にあるべきもの。これなしでは「私の」人生と呼べないもの。

人生を彩るもの=なくても困らないが、あると豊かになっていくもの
 
です。
 
これが見えてると、なんかすっごく爽快!

それで、「ない」、「大切」、「彩り」って、ラベリングをスタートしました。
慣れる(無意識が自動操縦にはいる)まで、目の前に「見える」もの、ことがら、感情、思考、すべてをラベリングして、「ない」ものは、さようならする。
この「さようなら」はけっこう軽やかにやるのがコツです。
最初は何度も「ハロー、アゲイン」になりますが、「バイ、アゲイン」で軽くやっているうちに、見えなくなっていくように感じてます。

あ、3つのどれかに分類できないことも出てきます。
その時はどうしたらいいかも、やってるうちに見えてきました。
長くなりそうなので、ラベリング、やっててどうなったかも含めて、また書きますね〜。
すでに、書きたいことが色々出てきてます。^^

 

Follow me!