逸脱(本筋や枠から外れる)してごらん♪

逸脱したらいいのに〜。
 
と、あるスタッフに伝えたら、しばらくして「逸脱を辞書で調べました。『本筋や決められた枠から外れること』とありましたが、その意味で言いました?」とメッセージが届きました。

わからない言葉があったら、辞書やグーグルで検索して文字でも画像でも調べる。ということを推奨しているので、なかなかうれしい♪


さて、私はもちろん、その意味で彼女に伝えました。
そりゃ、法律とか守るべきものは守るものだと思いますし、自分自身が通したいと決めた「筋」は通した方が断然、気持ちいいです。
 
でも、よくわからない常識みたいなものや、制限の枠は、どんどん外していくのがいいと思います。そうすることで、違う世界がひらくんです。
 

私、服がすっごく好きなんです。
祖母が自分でデザインして服をつくっていたので、その影響もあるのかもしれません。とにかく、服や靴やアクセサリーが好き。
 
なので、雑誌とかネットとかお店とか、ものすごく頻繁に見るんですが、見るとまた・・・欲しくなるんです。で、欲しいと思ったものに限って高い!!!
 
Tシャツに1万円以上なんて考えられないと、以前は思ってました。
服代に月に1万円以上使うなんて考えられないし、毎月何か新調するなんてこともありえなかった。そんな無駄遣いするくらいなら、違うことに使うべきだと思っていたんです。
 
ところが、あることをきっかけに、思い切って「欲しい服は買う」ということをしたんですね。
 
45000円のスカート。
25000円のマフラー。
23000円のベスト。

一度に10万円以上も、服に使ったのは初めてでした。
こんなに使っていいのかと、だいぶ心臓ドキドキしたけど、あまりにもかわいくて!!!
 
それはrekisamiというブランドでした。
これ以降、私はこのブランドの「コンセプト」と「デザイン」にどハマりしたのです。
 
どハマりして、取り扱いショップが少なかったので検索しまくって探して、めーーーっちゃ辺鄙なところにある(ごめんなさい)お店まで、駅から寒い日も暑い日も20分歩いて(タク代節約して服を買いたかった)行ったりして、rekisamiの新作を買い続けるようになりました。
 
それでわかったこと。
 
好きな服を着ていると、気分がいい。
だいぶ、気分がいい。
嫌なことも乗り越えちゃうくらい、気分がいい!
これって、すっごいことだ!
好きなことをやって生きるのがいい!
 
そして、
「私、もっとお金がいる」笑
ということもわかりました。

「これまでは欲しい欲しいって言ってただけで、大した必要性を感じてないから、それに見合った収入だったんだ!」
天啓というと大げさですが電気の走る感じだったんですよ。
 
 
さて、一度タガがはずれますと、rekisami以外でも好きなブランドが出てきます。見ちゃいけない、誘惑は危険だ、そうやって避けていたものをどんどん見ますからね。で、かなりいいなぁと思ったフランスのブランドがあったのですが、そこもそんなに店舗がなかったんです。が、たまたまうちの近所の大型モールに入っていた! おぉ、神よ!!!
 
ので、店長さんと個人的にメールをやりとりするぐらいになるほど通いつめ。
新作が入るたびに見にいく。試着する。笑
自分のみならず夫にも着せる。笑
 
そしてとうとう、これまたあるきっかけで「値札を見ずに欲しいものを欲しいだけ買う」ということをやることになり、そこで20万円ほどのお買い物を。。。
そのときは、さすがになんか、いや〜な気分になりました。
なんか、大丈夫かなという漠然とした不安と、罪悪感ですね。
 
ふと、とある量販店を見ると、パーカーが3,800円とかで売っていました。私が買ったブランドのパーカーは38,000円で、10倍!
 
10倍です!!!
 
10倍です!!!
 
10倍っ!!!

わーーー、3,800円で良かったんじゃな〜い?
と、思いました。
それが、3万以上なんて、無駄遣いしたかも?!疑惑で、心は乱れました。

でもね、「3,800円の方がいい」は値段だけの話で「もの」を見たら、そりゃ、10倍の38,000円の方のがいいのですよね。
 
それで、思ったのですよ。
 
人は、安いからという理由で買うとは限らないんだ。
では、10倍の価値を、私は「どこに」感じて、こっち(高い方)を選ぶんだ???
そして「他の人」も「どこに」価値を感じて、こっち(高い方)を選ぶんだ???
 
それを考えたことで「10倍価値のあるもの」の生み出し方に気づいたのですよね。

これまでのルールを

「逸脱」したことで、見えた世界

なんです。


そして、そのときは「枠から出ちゃった〜〜!!!」という興奮と恐怖が混ざった気分であったりしますが、広い広い世界や未来の自分の人生から見ると、そんなの「逸脱」でもなんでもない「かわいい話」だったりもするんです。

もちろん、「かわいい話」も当の本人にとっては大ごとに感じますよ。今まで持っていた枠を外してしまうのは、心理的にも抵抗が生まれます。これは自然なはたらきですしね。ですが、それでも、大好きなことに関して、また、どうしてもそうありたいと思うことに関しては、この抵抗に打ち勝てる力も大きいんですよね。

これまでの自分とは違う人生を展開したいならば、ぜひ、逸脱 を。^^

いつもの道とは違う場所にいくからこそ、違う景色が見えますし、いつもとは違う人もいっぱいいます。今の状態に満足していないなら、望む人生や人間関係はそこ(逸脱した先)にあるものだと、そう思います。

Follow me!