「願いのサイズ」を知っていますか?

「すぐに願いを現実化したい」

というのは、多くの方が普通に持つ欲求だと思います。
私も叶うんだったら最速がいいし、その最速は「今すぐ」がいい。

でも、「今すぐ」実現しないことがあっても、そのことで「どうして時間がかかるのか?」と考えたり、「今すぐがいいけど満たされずになんか悶々」的に悩んだりはしません。

なぜかと言うと「『それ』は、時間がかかって実現する願いだから」と知っているからです。
オーブンをセットして食材を入れたら、その間は違うことをして楽しむわけです。

けれど、「今すぐ」でないことに、悶々としてしまう方もわりといらっしゃるようです。そして、オーブンの前をずっと不安な気持ちで行ったり来たりし、時にはオーブンを開けてしまい、「思い通りの料理ができていない」と悩むわけです。


先日、友人のひとりがセラピーの集客がうまくいかない、と言うので話を聞いてみました。

世の中にある様々な願望実現系のセルフワークしても、プロのセッションを受けても、「全然、実現しない」そうです。
そして「他の友達はワークしたその日に集客できたのに、私はどこが違うのだろう。なぜ、私にはヒーリングの効果が出ないのだろうか。私もその日に集客したい!結果が欲しい!」ということでした。

そういえば、セッションでも同じ悩みを聞くことがあるので、思ったより多くの方が抱える思いなのかもしれませんね。


さて、お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、彼女の願いは「1日」で達成されるサイズではありません。
そう、問題は彼女の潜在意識やらトラウマやらではなく、「願いのサイズ」です。

彼女の願いは、数日に渡って、場合によっては、数ヶ月分の「時間の箱」を要するのです。
自転車をプレゼントするのに、指輪用の箱に入れようとして「入らん!!!」って悩む人はいないと思います。
同じ話なのですね。
でも、願いの実現になると、「入らん!」って悩んじゃう方が出てくるわけですね。


もう少し「願いのサイズ」について、具体的に説明していきます。


彼女は自分の仕事の告知活動をこれまでほとんどしていません。
SNSが嫌い。現在のお友達にはヒーリングのお仕事のことは秘密にしたい。イベントの出店はお金がかかるからしたくない。
つまり、「誰にも宣伝告知せず、誰かが私のところへきて欲しい」という願いを持っています。
 
そんなこと、可能なの?

 
不可能だと実証できなければ、可能性があると、私は考えます。

例えば、無意識の世界でテレパシーで彼女をキャッチする人がいるかもしれません。
ただ、それをキャッチする力のある人は、何人いるでしょう?
また、キャッチした人たちの全員が彼女のサービスを望むとは限りません。
だいぶ、お客様の数が減っていますね。
でも、いるのはいるでしょう。
その方々が、彼女をテレパシーでキャッチして、彼女のサービスを求め、彼女に申し込みをしようと思っても、物理的に告知されていないので、どこから申し込んでいいかわかりません。
そこで、テレパシーを送ります。

ー何月何日何時から、セッションをお願いできますか?ー

彼女は、このテレパシーを正確にキャッチできるでしょうか?
いついつどこにおいでください、と返信テレパシーを送れるでしょうか?

できないなら、その能力を育むのにやはり時間の箱がある程度いります。
「想いのサイズ」が、「今すぐ」に合わないんですよね。

「いや、テレパシー送受信能力が一晩で身につくという願いをたてればいい!そういうのが可能なはず!」と、彼女は反論しましたが、物理空間のルール的にそれが起きる確率は非常に低いのです。


そこで彼女は「それよりも、SNSを始めた方がはやい!」と気づきました。

「サイズね!サイズなんて考えたこともなかったー!!!」
 
 そして、SNSなど告知活動をちゃんとやって自分が認知されるのも、「1日」「今すぐ」という「サイズ」ではないため、「ある程度の時間の箱がいる」こともわかったと言っていました。^^


しかし・・・
その宣伝告知が始められない、という悩みが浮上したようで、これはまた次回に書こうと思っています。

Follow me!