5/27(日) クリエイティブ・フォーカス!大阪

できることと、そうでないことがある。
 
私たちはいつから、そんな考えを持つようになるのでしょうかね???


この頃、小学生の娘が「ママ、〜〜〜していい?」といろんなことに許可を求めてきます。聞かれる内容によっては「ダメ」と答えるべきこともあり、許可されていることかどうか確認してくれるのは、子どものためにも必要なことだと思っています。
なんですが、塗り絵をしている時に「ママ、ここに黄色を塗ってもいい?」な〜んて聞かれると、あらら、って思っちゃいます。


「好きな色を塗っていいのよ。そういうことに許可はいらないの」


しかし、まだ幼い子どもにとっては、何が自己判断でオッケーで、何が自己判断ではダメなのか、そこの区別ができないのですよね。

そこで「その場におけるルール」と「何のためにそれがあるか」などを教えていくことになります。


基本は「自分がやりたいことをやってオッケー」。
しかし、自分が生きる場所にはルールがあり、そのルールが作られた理由があります。ルールには、目的があるんですよね。
そのルールの多くは、その環境にいる人間を「守る」ためのもの。でも中には支配者が奴隷(あえてきつい言葉を使いますが)を支配するためのものもあります。

我が子がこういう話をわかるのかわからないのか、とにかく、伝えることは伝えて行きます。繰り返し。繰り返し。
そうでなければ、我が子は、自分の気持ちにすら許可を求めるようになるんじゃないかと思うんですよ。


「ママ、今、こう感じてるんだけど、それでいいの?」


「いいもなにも感じてるんだろう」と思うんですけど、こういう質問に、ヒーリングをしているとよく出会います。塗り絵をしていて、「ここに黄色を塗りたい。でも、それでいいの?」と聞くのと質は同じです。


この手の質問に出会う度、改めて思うのですよね。
 
まず、自分がどうありたいか、どうしたいかだよと。
それから、環境はそれをどう感じるかを考えることだよと。

そして、このふたつがぶつかり合う時、「自分がひくか」「相手をおしのけるか」という問題が生まれ、多くの場合はどちらかを選択することになります。


私は、
両方をとる
ということがしたいのですよね。

「そんなことはできない。どちらかしかダメなんだ」と考えるようになった大人も多いようですが、これが冒頭に書いた「できることと、できないことがある」という「現実認識」なんですよね。
まあ、確かに、できることと、できないこと、があるんです。
でも、その認識はちょっと足りなくて・・・

「今はね」って付け足す必要があります。^^


私たちは基本的に生み出す力がありますから。
既存のAとBの選択肢で悩むのではなく、その両方を含んだ何かを作り出せばいいんです。どうしても自分に生み出せると信じられないならば、膨大な宇宙のデータベースから拾ってくればいいですしね。
私「たち」ですから。
 
クリエイティブ・フォーカス!を公開した理由のひとつは、これを伝えたいからです。

私たちは、既存のカタログから欲しいものを選ぶ必要はなく、自らが欲するものを生み出していくことができます。
自分一人で頑張らなくても、周りの人や、宇宙に頼ればいいんですよね。


今月は久しぶりに初級クラスを私が開催します。
また来月6月の頭には、この初級クラスを教えるファシリーテーター養成の上級クラスの開催もあります。
 
AかB、どちらか。
という限定された世界を超えたいあなた。
限定された世界にいる方を自由な世界に連れ出したいあなた。
ぜひ、仲間に加わってくださいね。

クリエイティブ・フォーカス!初級クラス




講座の内容)
・私たちは望み通りの現実を作っている?!
・潜在意識のフォーカスポイントとは
・潜在意識を「それ」にフォーカスさせる
・簡単な質問でフォーカスポイントを見つける
・葛藤を力にして「願い」を育むワーク
・脳に回路をつくる
・4次元マップの使い方
・「つながり(宇宙ネットワーク)」の力を使う

日時)2018年5月27日 10時〜16時半
場所)大阪市北区
 ※お申し込みの方にご案内致します
受講費費)39000円
 ※7月から価格改定があり48000円となります。

最高の願いを思いつく脳回路を作ったり、自分自身の個性を見つけ世に役立たせることができるようになったり、HFエネルギーワークスをやっている方は「願い」の設定がかなり上手くなったり、します。

お申し込みはこちらから
クリエイティブ・フォーカス!初級クラスお申し込みフォーム

Follow me!