「結婚したい」と思えないのはおかしいの?

10代から60代までの方が、当サロンにいらっしゃいます。

40代の女性のプライベートでのお悩みで多いのが、

「結婚しない自分はおかしいのか?」
「結婚したいと心から思うにはどうしたらいいか?」
「子どもを欲しいと思わないのは、心が貧しいからだろうか?」

といったものです。

 
周囲から「結婚していて普通」「子どもはできないならまだしも、作ろうとい意思があるのが普通」といった圧力を受けている状態です。

だいたいは、親御さんからの風圧が厳しいようで、

「言われないけど無言のメッセージがきつい・・・」

「(親は)あきらめているけど、がっかりしているのは伝わるから、それが申し訳ない」
というお声もよく聞きます。

無関係のひとから「え、結婚してないの?!」と言われたり「子どもがいる前提で話しかけられる」ことも、悩みのタネになっているみたいですね。

 

もし、これを読まれているあなたも同じ想いをお持ちなら、結婚したいとか子どもが欲しいと思えていないことは、なんの問題もありませんよ。

だって、時代がもう違いますから。

産めよ、増やせよ、のDNAスイッチは、もうオフになっていく時代です。

平均寿命も100歳の時代がやってくるんだし、これまでのスピードで繁殖する機能はオフになっていくはずなのです。


もし、今、

「家族を養わないといけないのに、狩り(比喩ではなく文字通り、狩りです)にでかけたいと思えない自分はおかしいのだろうか?」

と、誰かが言っていたら「いや、今は狩りにはいかないですよ?」と、つっこみたくなるでしょう?


結婚したいと思いたい、
子どもが欲しいと思いたい、

って、ふんばらなくても、他にやりたいことを思いっきり楽しんでいいわけで、そうしている間に、ふと、心通じ合うひとと出会ったりするものです。

そのひととどういう暮らしをしたいのか。
それを考えると、今までとは違う「二人のスタイル」が出てきます。

自分から、型にはまりにいかなくてもいいんですよ。

 

関連記事
note
結婚しないのは新時代の人類だから、じゃない?

 

 

Follow me!