7/22(日)プリズン・ブレイクお茶会【大阪】

こんにちは!
飯干りえ奈です。

毎日暑いですね。
いかがお過ごしでしょうか?


帰国してから早速たくさんの方のご相談にのっておりますが、多くの方が「自分の可能性を制限」しているなと感じます。
しかも、そのことに気づいていらっしゃらないことが多いのです。

ある方は、お話していて「○○の才能」があると気づきました。
それを既存のビジネスと組み合わせれば、多くの人が喜び、ご本人にもお金が流れる仕組みがすぐに生まれます。
すぐ提案させていただいたところ・・・
 
「でも、私には無理です」
「叶ったら嬉しいけど、きっと途中で挫折します」
「叶ったらすごいけど、それは、私には分不相応です」

そんな言葉が出て来ます。
謙遜ではなく、本気です。

「それは、興味ない」
「それは、特にやりたいことじゃない」

ならいいのです。
儲かろうがなんだろうが、やりたくないことはやらなくていいですものね。

ですが、「叶ったらすごい」「叶ったら嬉しい」と言いながら、「どうせダメだろう」と先に決めてしまっており、才能を試そうともしない(できない)のは・・・すごくすごくもったいないなと感じます。



どうして「無理」だと信じているのですか?


と質問させていただくと、

・これまでやったことがない
・周りでやっている人を見ない
・もういい年齢だから

と、答えが返ってきました。
これは多くの方に共通するものです。


その上で、考えてみてほしいのです。

これまでやったことをやり、
周りでやっていることをやる。
その人生の先に待っているのは、今までの続きであり、自分の周りにいる人と同じ人生ですよね。
また「もういい年齢だ(やるには遅い)」と信じたら、そこから先に新しいことは生まれません。


この続きを生きるか。
新しい人生を生きるか。

どちらでも選択は自由ですから本当に望むものを選ぶとよいのですが、「新しい人生を生きる」方を選ぼうとしてもできないのは、心が制限されているからなんですよね。

つまり、スピリチュアルレベルで、牢獄に捕まっているのです。


そして、もっと怖いのは「制限的な思考」を「常識」と信じていて、制限されていることにも気づけないこと。

 

素晴らしい才能と可能性が眠っているままなのを拝見していると、もったいなくてうぃ〜〜となってしまいます。
自分にはそんなのない、と思い込んでいる方を見ても、もったいなくて、うぃ〜〜となってしまいます。

 

ということで、7月末から、プリズン・ブレイクし、自由な思考を手にいれるプログラムをスタートします。
すでに定員近くまでお申し込みをいただいておりますが、あと若干お席がございます。
詳細とお申し込みはこちらからご覧下さいね。
→ プリズン・ブレイク半年間のプログラム


また、長期プログラムには時間がないという方のために急遽、「プリズン・ブレイクお茶会」
を開催にすることにしました。
 
2時間程度の時間ですが、その間、美味しいお茶菓子とお茶を楽しみながら、「プリズン・ブレイク」し、「マインドの牢獄からの脱獄」もしていただこう♪と考えています。

 

プリズン・ブレイクお茶会

日時:2018年7月22日(日)12:00〜14:00
場所:大阪市内(後日お知らせします。梅田近辺を予定)
参加費:10800円(税込)
お茶会ホスト:飯干りえ奈
 
お申し込みはこちらからどうぞ。

お会いするのをたのしみにしております。

Follow me!