Q 私のところには変なお客さんが多い?!

Q  りえさんに質問です。私はりえさんと同じくヒーリングを仕事にしています。最近、同業者の友人から「あなたのところは、依存的な人やおかしな人が多いね」と言われました。「そういう変な人も受け入れられる器があるからだね。すごいって思う」とも言ってくれるので、言葉通りに受け取っていましたが、この頃、頻繁にそういうことを言われたりする中、ふと「真意」は別にあるような気がしました。つまり、私がそういう人を呼び寄せるエネルギーを持っている=あなたは変 とか、=依存者をつくりだしている とか。

(以下、細かい状況説明は割愛させていただきます)

だらだら書いてしまいましたが、質問は、

1)私がダメなので、変な方を呼び寄せているのでしょうか? つまり、私のヒーラーとしてのあり方は間違っているのでしょうか?

2)この友人の発言を鬱陶しく思うようになりました。言い返したい気持ちになるのですが、どのように、この件について話したらいいでしょうか?

以上のふたつです。お答えいただけると嬉しいです。

 

A 私もそれ、言われることあるなぁと、ご質問を読んで思い出しました。「りえさんのところには『〜〜な人』が多い」といった感じのことですね。昔も「あなたから紹介されたお客さん、すごいクレーマーでしんどかった」とヒーラー仲間に言われたことがありましたね〜。
どんなヒーラーさんも、誰かにはこう思われていて、これは普通のことかもしれません。
 
さて、ここで質問者さんにお伝えしたいのは、そういうことを伝える友人を気にするのをやめていい、ということです。
 
その方から見たら、そうなのです。
その方に、そう見えることに、いい悪いもありません。
ただ、その方には、そう見える、というだけのことです。

大切なのは、あなたが、ご自身のお客様を「どう」見ているか、です。
文面からは「友人がそう言うなら、変なお客さんなのかな??」と、友人さんの影響を受けているように思うんですね。でも、繰り返しますが、友人さんがあなたのクライアントさんをどう見ているかは関係ないのですよ。

あなたには「どう見えているか」だけが重要です。

そしてもし、自分でも「変なお客さん」だと思うならその方々は、少なくともあなたの宇宙においては、変な人なのです。そして、変な人を受け入れるか受け入れないかも選べばいいのです。
変なお客さんに見えなければ、その方々は変ではないのです。
素晴らしい方と見えるならば、素晴らしい方なのです。

 

「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」という心理的傾向があります。ピグマリオン効果と呼ばれたりするのですが、例えば教師/コーチの、生徒/クライアントへの「嘘のない期待」が、成果を生み出す心理効果ことを言っていたりします。
私は、自分のところにきたすべてのお客様は「わざわざセラピーやコーチングを受けに来るくらい、向上心の高い方だ」と感じてるんですよ。お金と時間を使ってでも、現状をどうにかしようとしている方々です。
ピグマリオン効果のことを学んだ時、「あ、私の感じ方ってコーチ、ヒーラー向き♪」と確信しました。


何が言いたいかと言いますと、「ご自分のやっていることに自信を持っていいんですよ」ということです。

友人さんから「あなたのところのお客さんは〜〜〜」と言われて、「私はダメなのか?」という問いが生まれたことと思います。けれど、その答えは、少なくとも質問者さんのお話に出てきた友人さんの中にはありません。あったとしても、それはあなたにまったく関係がないのです。

もう一度、ご自分の理想(ヒーラーとしてどうありたいか、どんな人生を生きていたいか)をしっかり感じてください。
自分の考えだけでは、偏ってしまい、道を誤ることを避けたいならば、既にその理想を生きている方、そこに向かっている方、あなたを無意識から100%応援してくれる方のアドバイスに耳を傾ける。

ということで、ご質問の答えをまとめますと、

1)私にはわかりません。ご自分で決めてよいことです。
2)言い「返す」必要はありません。その時間がもったいないと思いますよ。

Let’s enjoy being a healer, a coach, etc!

Follow me!